EXTRA for Windows Version 7

2017年3月17日発売

概要

3つのレイヤーの画面 クリックすると別ページで拡大画面が表示されます。EXTRA for Windows Version 7は原文テキストを仮名と点字に変換します。ユーザは点字を直接校正することによっても、仮名を校正することによっても、正しい点字文書を効率的に作成できます。点字の規則を知らなくても、自動変換機能と仮名での読みの誤りの修正を行うことで、十分実用的な点字文書を簡単に作成できます。複数候補選択機能や、点字のマスあけ補正を行う機能により 点訳作業がしやすくなりました。テキストファイルの他、Microsoft Word、一太郎、HTML、PDFなど、いろいろな形式のファイルからテキストデータを読み込み点字に変換することもできます。
Version 7ではUEB(統一英語点字)の自動点訳・逆点訳を実現しました。

UEB(Unified English Braille)は英語圏の7カ国による国際英語点字協議会にて開発された新しい英語点字の規則です。英語圏では2016年にUEB英語点字への移行が完了しました。日本国内でも、2016年4月より中学校の教育現場での利用が始まっています。今後の英語教育ではUEBの英語点字の利用が本格化します。

機能

Ver.7のVer.6からの新機能と改良点

おもな機能

対応言語

点訳対象言語は日本語と英語です。
日本点字委員会によって定められた現行の日本点字および日本情報処理点字の点字表記規則に準拠しています。
日本語においては、漢字かな混じり文を解析し、高い正確さで点字データに変換します。英数字をコンピュータ点字と解釈して変換することができ、コンピュータ・プログラムなどを含む技術的な内容の文章の点訳にも活用できます。
英語においては、英語点字の国際的な規則であるUEBに対応し、フルスペルのグレード1(1級)はもちろん、複雑な縮約ルールを持つグレード2(2級)も正確に自動点訳します。これまでの1級英語点字、2級英語点字もサポートし、高い精度で点訳することができます。

墨点字印刷

編集中の点字データを、通常のインクジェット・プリンターやレーザー・プリンターで墨点字(インク印刷した点字)として印刷することができます。点字のルールに精通したユーザーは、紙に印刷した墨点字印刷結果を見ながら効率よく校正作業を行うことができます。

点字印刷

日本国内で使われているほとんどの点字プリンタに対応しています。点字プリンタの機能に応じて、片面印刷、手動両面印刷、両面印刷、点字墨字併記印刷ができます。

データ仕様

動作環境

ボランティア様向け追加ライセンス

複数のコンピュータでEXTRA for Windowsを使用されるボランティア様向けの追加ライセンスです。
通常版は76,000円(税抜)ですが、1ライセンスあたり40,000円(税抜)で追加ライセンスをご提供します。通常版1本につき追加の上限は4ライセンスです。

対象

活動実績のあるボランティア団体様向けです。そのため、ご注文時に以下の項目について確認させていただきます。

ボランティア団体情報記入用の用紙(Wordファイル)をダウンロードいただけます。よろしければご注文の際にお使いください。

仕様

Ver.7用USB認証キー(ドングル) 1ライセンスあたり1個
各PCへのインストールは、通常版のプログラムDVDをご利用いただけます。

追加ライセンスのみご注文の場合は、通常版のシリアル番号を確認させていただきます。

価格

82,080円(税込)

バージョンアップ価格

お持ちの製品 価格(税込)
EXTRA for Windows Version 6から 41,040円
EXTRA for Windows Version 5 または5.1から 56,160円

バージョンアップ版のご購入には、ユーザー登録が必要です。

ボランティア様向け追加ライセンス

品名 1ライセンスあたり価格(税込)
EXTRA Ver.7 ボランティア追加ライセンス 43,200円

上限:通常版1本につき、追加ライセンス4本まで

製品の注文方法

日常生活用具給付

日常生活用具給付等事業制度のご利用につきましては、お住まいの自治体の福祉課窓口へお問い合わせください。

カタログダウンロード

EXTRA for Windows カタログ (PDFファイル)のダウンロード